サイトタイトル
電話番号

ダイソンの掃除機はどんな口コミがある?

評判のダイソンの掃除機。価格は高いながらも吸引力が魅力です。

そんなダイソンの掃除機について巷で言われていることをまとめてみました。

よい口コミ

コードレスの取り回しのしやすさは魅力

やはりコードがないのでその点での使いやすさは魅力ですね。コードの届かない場所や車の中などで活躍してくれそうです。

バッテリーの時間がもう少し長ければというところです。

吸引力は確かにある

吸引力は確かに評判の通りのようでとくにカーペットのゴミはよく吸い取ってくれるようです。ただし、米粒よりも大きなものは弾いて吸ってくれないという意見もあります。

ヘッドが左右によく動く 手首をひねると簡単にヘッドが回転する

方向転換が楽そうです。

修理の対応が満足いくものであった

ヘッド部分に付いていた生地(フェルトのような素材?)が取れてしまって修理対応をしてもらったとのことでしたが、対応が良くて満足したようです。

デザイン性がある

近未来的なデザインが、インテリア性を重視する人に好まれているのかもしれません。ただし、ダストボックスのクリアビンは初めは見た目がいいものの、内側にはどうしても細かい汚れが残ってしまいがちなので使っていくうちに見栄えが悪くなるかも。

わるい口コミ

排気が体に当たる

ご覧のように掃除機の本体が手元にくるタイプなので排気が体に当たってしまいます。最近の掃除機は排気がきれいになるように工夫されているとはいえ、排気が当たってしまうのはマイナス要素ですね。

お手入れが面倒

気になるのはお手入れです。ゴミを捨てるときはホコリが出やすいので紙パック式のようにはいきませんし、フィルターも定期的なお手入れが必要なようです。

クリアビンの中のメッシュ部分にゴミが付くようなのですが、この部分は丸洗いができず、ブラシなどで掃除をしている人もいるようです。

音がうるさい

高周波の音がうるさいといった声がありました。吸引力のある分騒音はトレードオフといったところでしょうか。静音性を重視する人には向かないのかも。

バッテリーが急に切れる

バッテリーは音やランプなどの予告無しに切れるようで、掃除をしていてちょっと心配かもしれません。

ゴミ捨て時に埃が舞う

サイクロン掃除機の弱点としてよく挙がる点ですが、この掃除機も例外ではないようです。

操作中はずっとトリガーを引いておかなければならない

トリガーがスイッチになっていて、握っておかないと電源が入らないので女性には厳しい面も?

吸引力と取り回しは魅力か

ダイソンのコードレス掃除機はコードレスのわりに吸引力があるのと、取り回しのしやすさが魅力のようですね。

電源がトリガー式なのは好みが分かれそうです。あとはバッテリーの持ちと音、サイクロン式全体にいえることですがお手入れの手間がデメリットとなりそうです。

機種個別の感想

機種ごとの感想を教えてくれた方もいるのでそちらも見てみましょう。

ダイソンDC35 マイカーの掃除にも役立つ

以前より関心を持っていたダイソンDC35が、テレビ通販で安く売られていたため購入しました。コードレスクリーナーは初めての利用となります。

 

これまでのタイプのものには、さほど関心がなかったのですがこのダイソン製はは別格のように思え購入を検討していました。
実際に利用してみると、驚きの吸引力です。これまでの掃除機は何だったのかと思えるほどです。我が家は、75平米で3人ぐらしですが、これまでは掃除機をかけるのも一苦労という感じでしたが、ダイソンDC35を利用してからはうそのように掃除が楽になり、掃除が楽しくなりました。

 

掃除時間もこれまでは20分以上はかかっていましたが、現在では半分程度で済んでいます。
いまのところ、問題点は見つかっていませんが、強いて言えばあまりの吸引力の強さに長目のごみがヘッドに絡んだ場合の掃除が面倒なくらいです。

 

コードレスなので便利なのは言うまでもなく、重量も軽いため持ち運びも楽です。常に収納用ブラケットに取り付け充電しています。

充電時間は3.5時間ですが、通常モードで15分、MAXモードで約6分利用できます。マイカーの掃除にも役立っています。
価格は多少お高くなりますが、コストパフォーマンスは十分満足できるものです。

 

今回はテレビ通販で2万円台であったため購入しました。ダイソンDC35が来て以来、これまでのコード付き掃除機の出番は完全になくなってしまいました。もともとさほど高価な掃除機ではありませんでしたが、やはり性能が違いすぎます。

 

東京都 miyamiya

 ダイソン タービンヘッド

数年使い込んだ国内メーカーの紙パック式の掃除機が壊れてしまい、電器量販店に掃除機を見に行きました。家電に関してはあまり詳しくないほうなので、掃除機がこんなに進化しているとは思ってもいなくてびっくりしました。

ダイソンの掃除機はCMで見かけて以来気にはなっていたのですが、お高いのでまずは国内のメーカーをチェック。紙パック式のももちろん健在でしたがサイクロン式などどれも魅力的でした。中でもサンヨーのとても軽いタイプで、デザイン性もあるもの(型番などは忘れてしまいましたが)にとても惹かれたのですが、珍しく主人が「ダイソンがいい。」と口を出してきたのです。
主人は愛犬を可愛がっているのですが、抜け毛がとても気になるそうで今までの掃除機では限界があると感じてたそうです。メーカー価格で8万以上でしたが7万ちょっとになってたと記憶しているのですが、家計からの予算の5万と残りを主人が出したのでいくらで買えたかは私はちょっとわからないです。

そして、使ってみました。まず音が大きい。そしてめちゃくちゃ重い。はや後悔とともに、主人への恨みが募りそうでしたが、それでも家中掃除し終わりました。何もしらずに帰宅した娘がフローリングを靴下で歩いていて「なんか今日スルスルしててすべっちゃうんだけど。何かした?」と言うではないですか!それと驚いたのは、普段丁寧に掃除をしているはずのカーペットをダイソンで掃除したところ、初めて掃除したの?っていうくらいほこりがゴミ受けにたまりました。吸引力については絶対嘘はありません。

もう他の掃除機には戻れないと思います。ただ、音がすごいんです。そして重いので一階、二階と続けてかけると、腰が痛くて痛くて…。でも新製品ではこの二点がかなり改良されていると聞きました。ダイソンは寿命も長く、フィルター掃除も5年に一度くらいで大丈夫らしいので当分お世話になりそうです。次はぜひ、軽いタイプに買い替える日を夢みて、今日もお掃除に励みます!

滋賀県 ハーブっ子

なんといっても吸引力

コードレスだけでなくキャニスター式の口コミもありますが、とにかくどちらも吸引力は期待してよさそうですね。

ダイソンはサイクロンに関する特許を持っているそうですからそうした面が活きているのかもしれませんね。

こんな口コミも

結婚してから5年ほどしたある日のこと、私と妻は2人で有楽町のビックカメラに掃除機を見に行きました。

妻は花粉症の症状が酷く、私は慢性的に気管支が炎症を起こして咳が出やすい状態だったので、ハウスダストをしっかりと除去できる強力な吸引力の掃除機が欲しくなったのです。

妻が昔から使っていた掃除機は掃除をしても、あまりしっかりと埃が取れなくてパワーも弱いものでした。

ビックカメラの掃除機コーナーを訪れるといろいろなメーカーの回転式のサイクロン型掃除機がありました。
そこでイギリスのダイソン社の掃除機デモンストレーターの方がいて、ダイソンでアレルギーが軽減されたというユーザー達の話をいろいろ聞くことができました。

担当の方が一見まったく汚れていない床にダイソン掃除機をかけて、どれだけ埃が取れるのか見せてくれました。
びっくりするほどたくさんの埃が取れて、この掃除機の威力を実感しました。

即決でダイソン掃除機の購入を決めて、後日自宅でも使ってみると絶句してしまうほどのゴミが取れて、普段どれだけ家が汚れていたかを悟りました。

ダイソン掃除機は少々お値段がしますが、日々の元気な暮らしを考えると投資としては最高のものだと思っています。

その後、妻のアレルギーも私の気管支炎も良くなり今では元気な毎日を送っています。

東京都 山河川三

本当に効果があるのか?

アレルギーということなので個人差があってなかなかダイソンの掃除機の性能を測るには難しいところですが、こうした体験をされた方もいらっしゃるようです。

昔の掃除機から一気に新しい掃除機にしたからというのもあるかもしれませんね。